地震保険の重要性とは何か

日本ではかつて、阪神淡路大震災が起こったときに保険の問題が露呈しました。それは、従来の地震と異なり阪神淡路大震災の場合には火災が発生したからです。町全体が炎に包まれており、多くの人が家屋を失いました。火災によって家屋をしなった人は、火災保険が適用されるのではないかと安心をしていた部分があります。しかし判例によれば、地震が原因で火災が発生した場合、火災保険は適用されないとの結論が出たわけです。これ関しては賛否両論がある所ですが、もしそのまま適用してしまうと、会社が潰れてしまう可能性があるからでしょう。このように、通常のものが保証されなくなったため、地震保険と呼ばれるものが適用されるに至りました。これは、地震が原因で火災が発生し家が燃えてしまった場合、そこに加入をしておけばお金を受け取ることができるというものです。その結果、ある程度地震が起きて被害を受けても安心できる世の中になったと思います。支払額は毎年10000円以上となっていますが、入った方が安心できるのは言うまでもありません。